スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年 アルゼンチン共和国杯 回顧

次戦注目、ホッコーブレーヴ!~

本命に推したニューダイナスティは、逃げには加わらないものの、期待には反して、前に行き好位も取れず凡走する結果となりました。

代わりに来たのは、相手としては有力に挙げていた三頭

一着△ アスカクリチャン
内で脚を溜め、最後も間をぬってインをついた競馬でここ最近同様にロスなく走った結果の勝利でした。
私としては今回の結果を受けても、やはり次も本命にはできない内容です。
ただ、G1以外の重賞であれば、相手としては押さえなければならない存在に代わりありません。

二着 △アドマイヤラクティ
今回は外を周りながらも最後に伸びを見せたのは見事でした。直線勝負になれば今後もこのクラスでは好走必至と見ます。

三着 ○ ルルーシュ
前目でしたがインを回った競馬でした。しかし、先に動く競馬をしての三着であり、不甲斐なさはありますがアスカクリチャンとは互角と考えます。

そして、今回最も特筆すべき内容だったのは五着にきたホッコーブレーヴ
直線に入り前がふさがった展開にも関わらずこのメンバーで追い込んだ内容は評価できます。
条件上がりながらも、重賞で勝つのはそう遠くなさそうで、次戦状態をキープしていれば狙える一頭です。

まっと+の回顧はまた別枠にて。

では、以上!
スポンサーサイト

2013年天皇賞秋 回顧

ジャスタウェイ、出足バッチリ完勝!!~ 
  
馬連⑦-⑨ 11.9倍  的中

10レースを終えての回顧(単なる反省文)からの1発目でようやく当ブログ記事初の的中を果たしました。
これからも的中を続けていきたいところです。

1着◎ ジャスタウェイ  
  予想でも書いたとおり、ジェンティルドンナやダノンバラードが先に動く展開で、そのあとから動いたこの馬が 見事に1番人気のジェンティルドンナまで差し切って完勝した。スタートもうまくこなしたおかげで最後の伸びを申 し分なく発揮でき、スピードで追いつける馬は後にいなかった感じでした。今後のG1戦線でもこの馬を軸としない までも馬券から外すのは危険であると判断します。

2着△ ジェンティルドンナ  
  ジャパンカップが目標と見ていたので、実力で群を抜いているこの馬の評価を下げたのですが、ジャスタウェイ以外の馬とはそうそう逆転はなさそうです。今回の負けで人気が落ちるようならジャパンカップが楽しみです。

3着△ エイシンフラッシュ  
 前走内容からジャスタウェイが上と判断しましたが、展開の向かない今回3着ということで他の馬とは差がありそう。差がなかったコディーノ、アンコイルドに関してはまだ展開次第でどうなるかはわからないですが、実力はこちらが上とみるべきでしょう。

G1で初的中はうれしいのですが、ジェンティルドンナがやはりと言うべきか自力で2着に来たために馬券としては旨味がありませんでした。やはり条件戦の方が狙いやすく馬券としても面白いですね。

~まっと+~

その条件戦では残念ながら外れてしまいました。
と、今さらですが、予想では謝って新潟5Rと書いておりましたが、正しくは4Rでした。。申し訳ありません。
結果は▲‐◎‐無印(12番人気)
せっかく荒れたのですが、最後にきた馬が差しで評価できる点がなかったために押さえきれませんでした。。

しかし、今後も狙っていきますのでよろしくお願いします。

では、またよい週末を!!!

2013年菊花賞 回顧

~エピファネイアが格の違いを見せた~

おおよその展開
菊花賞 展開

スタートまでわからないところでしたが、バンデが上手く逃げを打ってペースを握る展開に。
この展開でこの距離だとやはりバンデの脚が活かされるようで、着順も3着に入る形となりました。

1着 ◎エピファネイア

 ダービーでかかり、前回は克服したように見せ、今回もかかる。という不安定要素のあるこの馬でしたが、かかっても2着だったダービーと同様に、たとえかかってもこのメンバーなら負けないという格の違いを見せつけられた気がします。今回は断然でしたが、しばらくは古馬との争いで折り合い面での不安はぬぐい切れなさそうで、軸にはできなさそうな予感です。ただ本来の能力で言えば、キズナよりもこちらの方が古馬とは戦えそうな気がします。

2着 △サトノノブレス
 中団前目から押し上げる、神戸新聞杯と同じような形で今回は2着。しかし、前回同様に岩田騎手のロスない騎乗あって、とも言える内容で展開も先行馬有利となったので、後ろとの差はなさそうです。

3着 ×バンデ
 逃げれば、と思って押さえにしましたが、正直言って外から先手を取れるのか怪しいところでした。しかし、結果は上手く逃げ残りの3着。もう完全にこのスタイルで行きそうですが、春の天皇賞ともなると厳しそうですね。


キズナ、エピファネイアが抜けているというのを再確認できたレースでした。
あと、長く脚を使う展開なら4着のラストインパクトも今後侮れないですね。後ろから来たケイアイチョウサン、フルーキーあたりはインを回ってという感じなので何とも言えません。

1~8着に全てインを回った馬という極端なイン有利。3000mという長距離戦なのでやはり大きいアドバンテージなのでしょう。<u>実はこのあと9着に入ったのが、インを取れなかった▲アクションスターで、波乱は起こせなかったものの内容的には悪くなく、次回も狙ってみたいですね。

2013年セントライト記念 回顧

後方待機が上位独占


セントライト記念 展開

後方から来た馬が5位までを占める、前総崩れの結果となりました。
前方からと期待していた◎バンデは最後に沈み6着という結果に。

今回の上位組にはそれほど差はないかと思います。
強いて挙げるならば、勝ったユールシンギング。最後に前が空いてからの短い距離で差した瞬発力は見事でした。前走の強い内容での勝利が伊達ではないことを証明する今回だったと思います。

次点では6着には沈んだものの先行した中では踏ん張ったバンデ。最後の坂で後方組に差されたものの、展開次第では勝てる力はあるように思います。

今回の菊花賞は、実力馬が多く抜けてた上にこのセントライト記念の内容を見ると、やはり混戦となりそうな気配がします。



2013年キーンランドC 回顧

パドトロワ不調!?
フォーエバーマーク逃げ切り!!


キーンランドC 展開

予想通り差し馬が来たものの、残ったのは逃げたフォーエバーマーク
予想では、同条件である函館SSの内容からパドトロワシュプリームギフトには勝てないとみて印を打ちませんでした。しかし今回、パドトロワは好位につけず、ペースは遅くなり、前回よりも脚を溜めれたフォーエバーマークが逃げ切りました。

◎パドトロワは好スタートを決めたものの、レオンビスティーファインチョイスがいたことで外を回され展開としては悪い流れになっておりました。さらに、最後直線入る前に勝浦騎手が押し出そうとしても反応せずそのまま下がってしまった今回は本来の調子ではなかったように見受けます。もしくは、今日のように時計があまりにもかかってしまう馬場では対応できないのかもしれません。その点、対応できたフォーエバーマークは評価できます。

2着△ストレイトガールは、今回も安定した脚を見せました。前々走の速いペース、前走の遅いペース、そして今回の遅いペースの重賞レース、全て好走したように安定感は素晴らしく、今回もまだ脚を余していたように見受けられる強い内容で、今後に期待が持てます。

3着▲シュプリームギフト。内をついた分、アドマイヤセプターカディーシャには勝ったもののストレイトガールとは差がありそうです。フォーエバーマークとは展開や馬場次第でしょう。



洋芝をずっと走らせている内容から他の競馬場ではどうかと判断しづらいのですが、今回強かったのはストレイトガール。次回洋芝以外で走るようなことなら、そこが試金石になるでしょう。

では、良い平日を!!!



テーマ : 競馬予想
ジャンル : ギャンブル

プロフィール

まっと

Author:まっと
2011年皐月賞。
調教映像の走る姿に魅了され4番人気10.5倍オルフェーブルの単勝3000円を購入。これを的中させて以来、1年間オルフェーブルを追っかけて5万以上のプラス収支。
それから少しずつ競馬予想にのめりこむ。
現在の注目馬はウインマーレライ。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
入場者数
説明書
◎ 本命、○ 対抗、▲ 穴馬 △ 相手、× 押さえ
twitter
予想家の方々
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。